小坂屋台(やったい)の神髄


60数年前まで室街道を才と小坂を行き来していた。
↓室街道(小坂) ↑昭和8年の小坂屋台 click詳しく
   
室街道練り歩き↓

三段透かし彫り
 姫路市で2番目に古い狛犬 ↑ 
------------------------------------------------------------------------------
正月には床の間に天神さんの掛け軸(広畑小学校百年史より)(
菅原神社小坂氏子
1326世帯(2020年現在)
小坂屋台の歴史
初 代   明治二十六年八月 (一八九三)
 飾磨郡宇佐崎村に於て屋台を買い求めた。 
  
明治二十六年十月 村社境内西南隅に在りし絵馬堂
  を取り払い其の材料にて屋台倉庫を建築。 
      
 大正三年一月  (一九一四)  
  
年齢十 五才以上三十三才までの男子を会員として
  青年会を組織
し会則を議定。
二代目 昭和八年四月(一九三三)
   小坂大屋台新調 廣村 金井大工

    
   
三代目 昭和五十六年(一九八一)
    小坂子供屋台大新調。 制作 川村治郎 

  平成十四年五月二十五日(二〇〇二)
    
菅公壱千百年祭を執行す。壇尻新調寄贈 吉田氏
  平成二十年六月八日(二〇〇八)
    屋台蔵(自治会倉庫)の新築と屋台大
    の高欄.担棒.泥台
を新調
四代目  平成二十六年十月五日(二〇一四) 
    屋台大の屋根.狭間、路盤.擬宝珠.
    装備品他を全新調
 入魂式。
---------------------------------------------------------------------





---------------------------------------------------------------------