伯備線

瀬戸内の岡山から日本海の米子まで中国山脈を横断して160㎞に亘って走る陰陽連絡路として重要な役割を果たしています。 同線の足立から石灰を運び出すために仕立てられた242列車(D51形重連)に運用の都合でさらに1台のD51がついて足立~新見間を三重連で運転されました。この列車が布原信号場付近で甚だ力斗感あふれる光景を呈するので写真撮影で全国的に有名になりました。
  写真は1972年頃のものです。

現在の新見近郊
clickで近辺の写真あります
2008. 3.25.更新

総社-豪渓

総社駅付近

井倉-石蟹

布原

新見駅

現在の布原