蒸気機関車型式.保存

 2011.12. 1.更新   

                                          

プレート. 動輪◎◎◎ をclickすれば保存機関車写真があります。

 蒸気機関車各部名称
姫路シゴナナ会
C10

◎◎◎○○

1932〜47年にかけて23両製造されたタンク機関車てす。

C11
1930〜32年にかけて381両製造された万能中型タンク機関車てす。
C12

1932〜47年の間に275両製造の小型タンク機関車です。

C50

◎◎◎

8620の後続機で1929年〜33年にかけて158両製造された、その活躍は小運転や入換に終始し地味な機関車でした。

C51

○○◎◎◎

1919〜27年に239両製造された国産初のパシフィック、名機の呼び声も高いが廃車が早かった。

C53

○○◎◎◎

C51に代わる特急用蒸気として1928〜30年に97両が製造された国産唯一の3気筒式で戦前のスターでした

C55

C54の改良型で1934〜37年に62両製造、細いボイラーに大きなスポーク動輪は人気も高かった。

C56

C12をテンダー機に設計し直した機関車で、1935〜39年に164両製造されるも大半が軍事供出され戦地に消えました。

C57

C55の改良型で1937〜47年の間に201機製造されたライトパシフィック、スマートな外観は一番人気です。

C58

D51を一回り小型にした中型万能機関車、1938〜44年にかけて427機製造されました。

C59

○○◎◎◎

C53の後続機で幹線の特急.急行に活躍したヘヴィーパシフィック、1941年〜47年の間に173両製造された。

C60

○○◎◎◎○○

C59の軸重を軽量化するため従台車を2軸にした機関車で、1953年〜61年の間に47両が改造、亜幹線に活躍した。

C61

余剰となったD51のボイラーを利用して旅客用とした機関車で1947〜49年に33両製造されました。

C62

D52のボイラーを利用して生まれた我が国最大の旅客用蒸機です。

D50

C51と並び称される大正生まれの貨物用機、1923〜30年に380両製造、D51登場まで主力として君臨。

D51

1936〜45年にかけて一型式で最多の1115両も製造された貨物用機です。

D52

我が国最大の貨物用蒸機で1943〜45年に285両製造されました。

D60

D50の軸重を軽くするため従台車を2軸に改造したもので1951年〜56年に78両が登場しました。

D61

D51の軸重軽量化改造機、1950年、6両が改造されたが、D51の影に隠れ、地味な機関車でした。

D62

◎◎◎◎○○

1950年からD52形20両が浜松工場でD62形に改造されました。

E10

◎◎◎◎◎○○

国鉄最後の新製蒸機として1948年に5両製造された勾配線区用大型タンク機、大した活躍もなく短命でした。

8620

29年に687両製造の小型テンダー機でハチロクと親しまれた。

9600

1913〜26年に770両も製造された貨物用機関車、国鉄で最後に火を落とした蒸気はこのキューロクでした。

義経号

◎◎◎

小浜線 若江本郷駅にて撮影。

弁慶号

◎◎◎

岡山博に展示中に撮影

B2010
京都 梅小路蒸気機関車館
RM1163

中国国鉄  兵庫県相生市 中央公園

QJ6200

中国国鉄  兵庫県相生市 中央公園

110

東京都 青梅鉄道公園 (bun0527氏の提供)

2221

東京都 青梅鉄道公園 (bun0527氏の提供)

5540

東京都 青梅鉄道公園 (bun0527氏の提供)


姫路シゴナナ会