mikiyo Photo Gallery


姫路
map案内
大塩天満宮
 10月14~15日
兵庫県無形民俗文化財指定
姫路市無形文化財.秋祭り  
姫路市大塩町汐咲1-50
 国恩祭へ

 ~2002年  ~2004年  2005年
 2006年  2007年  2008年
 2009年  2010年  2011年
 2012年  2013年  2014年
2015年 2016年
平成27年 スケジュ-ル表
平成25年大祭日程
東之丁屋台抜魂式 東之丁屋台入魂式
宮本丁入魂式 北脇丁入魂式
 901年(延喜元年)菅原道真公が冤罪により太宰府へ左遷される途中、伊保の湊より上陸され日笠山に上られて瀬戸内海の賞でられ、はるか東の京都、これから向かう九州を望まれて昨今に変わる今日の境遇に感慨を新たにされました。その後、牛谷の晋光寺(現在の妙泉寺)に霊鏡を奉納され、大塩の地の氏神たる天神山麓の管公の遠祖になる天穂日命と出雲系の大己貴命を祀る伊屋明神に詣で前途の安泰を祈願されました。903年(延喜3年)管公太宰府に薨じ給うと聞き、里人等深く哀愁に閉ざされ、また、その徳を慕いて、管公の祖神を祀る伊屋明神にその霊を奉祀したのが大塩天満宮の始まりです。鎌倉・吉野朝時代までは伊屋明神として国内神明帳に記載され、その後1533年(天文2年)当地の城主大塩次郎景範は、南方の海岸近くに人家の密集せるにより諸人の参拝の便を考え、天神山麓より大塩町字宮本の旧社殿地に壮観なる神殿を営みて、管公の学識・誠心の徳を景仰し管公を主神に在来の神は配祀の形にて天満宮と称します。 (大塩天満宮パンフレットより)
獅子舞が昔から有名で、鎌倉時代から既におこなわれていたといわれています。

大塩の獅子舞妻鹿のけんか御輿飾磨の台場差し網干の提灯練り英賀の梯子獅子
を有名な秋祭り(戦前生まれの者)として見物していました。




相互リンク