mikiyo Photo Gallery


姫路
map案内
英 賀 神 社
 10月17日~18日
姫路市飾磨区英賀宮町2-70
平成22年英賀神社秋祭り写真スライド
~2002年 ~2004年 2005年 2006年
2007年 2008年 2009年 2010年
2011年 2012年 2013年 2014年
2016年

鴨祭り 御旅所

旧中浜屋台の狭間と露盤
平成23年度厄除講の絵馬
   祭神   英賀彦神 英賀姫神 菅原道真公 誉田別命 天児屋根命

 当社は国史見在社にして、播磨国風土記によれば、七一三年に伊和大神の後子英賀彦神・英賀姫神は、祖神の命により当地を本拠として播磨灘沿岸地域を開拓創始し、庶民安堵の国土を修理固め成された総産土大神であります。ゆえに古くより英賀国主大神として祀り、元慶五年(八八一年)神位従五位下に昇叙され、国司武将を初め衆庶は、創業開発の神、縁結びの神と仰ぎ尊信の誠を捧げました。
三木通近が英賀城主となり、領内発展の興隆にあたり、嘉吉三年(一四四三年)天満神社・八幡大神・春日大神を勧請鎮祭して、領内の総氏神とあがめ、大いに治績を挙げ播陽の重鎮となった。以来歴代の城主は祭祝盛儀を尽し、社殿は荘厳華麗を極めました。天正八年二月(一五八〇年)、羽柴秀吉は英賀城攻略に際し、特に当社に除火の令を出して敬神の誠を致した。かかる由緒ある神社のため、明治四年社格制定に当たり郷社に列せられ、同十三年県社に昇格した。
その後、氏子並びに崇敬者は古来の歴史と伝統を護持して現在に至りました。

               (神社看板:姫路市教育委員会より)

大塩の獅子舞妻鹿のけんか御輿飾磨の台場差し網干の提灯練り英賀の梯子獅子
を有名な秋祭り(戦前生まれの者)として見物していました。

英賀東
中 浜
清 水
附 城
駅 前

山 崎

西 浜

宮 西

矢倉東

春日若倉
城 南
春 日
宮 東
山崎台
英賀乙 富士見 英賀西 矢倉西

英賀東 狭間へ → 漆完成へ  金具取付へ  屋台完成式へ
矢倉東 お披目へ → 入魂式へ → 漆塗り完了へ

相互リンク
山崎